「龍馬伝」が地域に及ぼす効果?

昨日梅雨入りしたばかりの長崎ですが
本日は朝に強い雨が降ったものの、
それ以降は意外にも晴天に恵まれています。
 

さて、NHK大河ドラマ「龍馬伝」では新撰組が登場し
ますます面白くなってきており、長崎編が待ち遠しいです。
 

このNHK大河ドラマは、それぞれ舞台になった地域に
大きな経済効果をもたらすというドラマとしても知られています。

これはその舞台の地への旅行をはじめ、様々な関連物産など
多種多様な方面での波及が考えられています。
 

以下は近年のNHK大河ドラマの経済効果試算です。
この試算は主に日銀の各支店が発表しているものです。
 

 平成18年 功名が辻(高知県)     135億円 主演:仲間由紀恵
 平成19年 風林火山(長野県)     109億円 主演:内野聖陽
 平成20年 篤姫(鹿児島県)       364億円 主演:宮﨑あおい
 平成21年 天地人(新潟県)       204億円 主演:妻夫木聡
 平成22年 龍馬伝(高知県・長崎県)  444億円 主演:福山雅治
 平成23年 江(滋賀県)          162億円 主演:上野樹里

 

ここで「龍馬伝」は
ダントツの444億円となっていますが、これは高知県と長崎県の二県が
舞台となっているため、それぞれの合算となっているからです。

内訳は高知県:234億円、長崎県:210億円です。

しかしながら、この数値は昨年10月に試算したもので
実は放送開始以来、予想以上の経済効果となっているため
今年4月にこの数値を修正し、およそ1.8倍の409億円としたのです。

これはすごいですね。
 

長崎が舞台になるのは7月からとなっていますが
すでに今年のゴールデンウィークの観光客は前年比3割増となるなど
その効果はあらわれており、夏以降の経済効果はさらに大きなもの
となると思われます。
 

 

あえて課題を挙げれば、放送翌年以降にもいかに継続的に
その効果を持続させていくかということです。

これまでもほぼ例外なく、翌年の観光客数はマイナスとなっています。

事前に長期的な戦略をいかに描きいかに実行するのか、
今回舞台となる長崎県は、様々なベンチマークを行い参考とする中で
この課題にうまく対応してもらいたいものです。









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com