『男の隠れ家』~日本の「聖地」を往く~

昨日の4月29日は、もともと昭和天皇の「天皇誕生日」と知られ
昭和の時代を顧み改めて見つめ直そうということで、
平成19年に祝日として「昭和の日」が定められました。

大型連休のスタートが昨日からの方も
いらっしゃるかもしれませんね。

4月中は不安定だった天候も
昨日から回復し、しばらくよい天気が続くようです。
 

さて、最近は「聖地」特集を組む雑誌が増えている気がします。
ご関心を持たれる方が多いのでしょうか。

今回ご紹介するのも
~日本の「聖地」を往く~と題した特集を組んでいる
雑誌『男の隠れ家』6月号です。

 

概要(目次)としては、

 ・聖地が伝えるもの
 ・三重和歌山 原初の神々が籠もる地、熊野
 ・島根 太古の神話が宿る 日本の原風景、出雲
 ・大分 八幡神が司る神仏習合の聖地
 ・吉野山と天川で聖地の気に触れる
 ・沖縄 琉球開闢の神話を伝える神の島・久高島
 ・関東関西週末に行く 聖地の旅
 ・聖地巡礼コラム
   日本の神と仏、日本神話と日本の聖地、
   神社なるほどQ&A、東西・木・石・水の聖なるスポット、
   神楽を楽しむ、私にとっての聖地

となっております。
 

定価は680円(税込)で、4月27日に発売されています。
全国の書店でも扱っているようですが
こちらでもお求めいただけるようです。

男の隠れ家ONLINE

Amazon

 
『男の隠れ家』というだけあって
洗練された落ち着いた雰囲気で構成されており
男心をくすぐられるようなつくりとなっています。

男性に限らず、幽玄で清閑に情緒を感じながら
「聖地」を巡ってみたいという方に
おすすめな一冊ではないでしょうか。









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com