【 流鏑馬の限定御朱印 】令和2年

鎌倉時代から続く、
神社前の河川敷で行われる奉納神事
「流鏑馬:やぶさめ」


一時途切れていましたが、
3年前、100年ぶりに復活をしました。


今年は、4/26(日)に行う予定でしたが
新型コロナの影響により延期が決定。
(延期日程は未定)


残念ながら延期となりましたが、
「春の流鏑馬」の迫力を
お手元で感じていただきたく


このたび
オリジナル御朱印を奉製いたしました。


◆ゴディバも取り入れる「道」


高級チョコレートで有名な ゴディバ。


ベルギーを拠点にするグローバル企業です。


ゴディバ日本法人の代表
シュシャン氏は、五段の腕前を持つ弓道家。


日本独自の商品開発を展開して
世界をリードしています。


そのシャンシュシャン氏が
大切にしているのが弓道の教えです。


たとえば、弓道の言葉の一つ
「正射必中」


これは、正しい手順で射られた矢は
必ず的に当たるという弓道の教えです。


ゴディバでは、
「売り上げを目標にすると必ず失敗する。
顧客のことを本当に考えて
よい商品をつくれば
結果は必ずついてくる」というかたちの
考えに応用して取り組んでいるそうです。


この「正射必中」を 宮司が奉書しました。


◆筆がとらえた一瞬の輝き


本明川の河川敷で行われる
「春の流鏑馬」


長崎県内では唯一となる
本式の流鏑馬です。


また、全国的にも
河川敷で行う流鏑馬は
たいへん珍しいそうです。


その春の流鏑馬の疾走感を、
長崎県が発祥の水墨画
「南画」の技法で描いています。


ぜひ、あの息を呑むような
一瞬の輝きを、御朱印をとおして
感じていただければと存じます。


○頒布期間:今年12月末まで
→当初は、5月末までの期間限定を想定していたものの現在の状況を鑑み延長しました
→くれぐれも、この状況が落ち着きましてからのご参拝をお願いいたします(とくにご遠方の方は今は自粛をお願いします)

○サイズ:見開き

○御朱印符(朱印は一つ一つ手押しです)

○神社で御朱印帳にお貼りしますので、御朱印帳をご持参ください(御朱印帳は神社でも頒布しています)お持ち帰り可

○社務所にて頒布(9:00~17:00)

○参拝日はお参りされた日付を墨書きいたします

○当神社オリジナル御神饌 [ 神社おこし ] または [ 神社カステラ ] または [ 神社飴 ] 付き

○郵送での頒布は現在お受けしておりません

○お一人3体まで










WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com