ヱビスビールと恵比寿様

本日も痛いほど強い日差しが差し込み、
うだるような暑さで体力を削られているような気がします。

この天気は少なくともお盆までは続くようで、
体調管理には気をつけなければなりません。
 

さて、この時期にビールを飲みたくなる人が多いと思いますが
今回は「ヱビスビール」についてのご紹介です。
 

ご存知のように、サッポロビールから発売されている
「ヱビスビール」は所謂プレミアムビールと言われるカテゴリで
常にトップクラスのブランドとして知られているビールです。

聞くところによると、お高いレストランや料亭などでは
この「ヱビスビール」を置いているところが多いようです。
 

じつは日本麦酒酒造会社(現サッポロビール株式会社)から
「ヱビスビール」は発売されたのは
今から約117年前の明治23年に遡ります。
 

その後、明治34年には工場内にビール出荷のための専用の
貨物積卸場「恵比寿停車場」が完成、
5年後の明治39年には旅客が乗降する「恵比寿駅」となります。

つまり、現在の東京・渋谷区の地名「恵比寿」は
この「ヱビスビール」が由来となっているのです。

ちなみに、JR恵比寿駅の発車メロディには
現在ヱビスビールのCM曲が導入されており、
ご存知の方も多いのではないでしょうか。
 

それではなぜ明治20年頃、ビールそのものが
あまり一般的には知られていないような状況の中で
「ヱビスビール」というネーミングをつけたのでしょうか。
 

じつは残念ながら確かな記録は残っていないようなのですが、

 ①ビールそのものを広く理解してもらいたかったので、
   人々に馴染みの深い神様の名前にした。

 ②会社を設立したばかりだったので、
   商売繁盛の神様・恵比寿様にあやかろうとした。

 ③ビール(お酒)はどうしてできるのか科学的に解明されて
   いなかった時、お酒は神様のご加護によるものと
   考えられており、お酒と神様の密接な繋がりがあったため。

というような説が社内では伝えられているようです。

どれが本当なのでしょうね。
 

いずれにしても、恵比寿様との関係を重んじたのは事実のようですね。

その証拠に、明治26年に兵庫県・西宮神社から勧請して、
当時の工場内に恵比寿神社というお社を創建しています。

これは現サッポロビール所有の神社であり、
現在は恵比寿ガーデンプレイス内(サッポロビール本社ビル横)にあり
平成6年から一般公開もされているそうです。
 

 ※参考文献 『図説 七福神』戎光祥出版









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com