下弦の月

 

今日の諫早地方は朝から雨が降り、
午前中の早い時間には止むと思われましたが
お昼を過ぎても雨のままでした。

なお、昨晩から今朝にかけて
九州北部地方などでは春一番を観測したそうです。

春がいよいよやってきたという感じです。

 

 

さて、今回は「下弦の月」についての豆知識をご紹介します。

月齢ではちょうど一昨日がその日でしたが、
「下弦の月」というのは
満月から新月に向かって欠けていく途中の月のことです。

 

月の表のうち半分が明るく輝いている「半月」は
1朔望月(新月→次の新月まで)のサイクルの中で2回あり、
それを「上弦の月」「下弦の月」と言います。

 

満月 下弦の月 新月 上弦の月

 

本題ですが、この「下弦の月」の日は
いつもより気持ちが穏やかに過ごせる力が働くと云われています。

 

そして、浄化が起きやすいとされています。

例えば、困難にぶつかったとき、
人との別れや何かに区切りをつけるときに、
最小の力で乗り越えることができるタイミングなのです。

 

もしそういったことがあれば、
夜空を見上げ「下弦の月」に向かって祈り、
月の力をいただくのもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com