井戸埋め清祓

 

今日の諫早地方はおおむね
穏やかな秋晴れの一日となりました。

戌の日でしたので
安産祈願をご奉仕させていただきました。
皆さんどうぞお大事にされて下さい。

 

明日からの土日は
七五三詣のお参りが多くなると思われますが
予報では明夕から雨が降るとのことで
心配しております。

 

さて、本日は井戸を埋める際のお祓い
「井戸埋め清祓」を
施主様のもとへ伺ってご奉仕いたしました。

あまり聞き慣れないかもしれませんが、
建物の解体や改築などの工事の前後に井戸を埋める場合や、
地鎮祭を終えて家を建て始めた後に
その敷地から井戸が出てくる場合があります。

そのような時に、
まずお祓いを行ってから井戸埋めの工事を行います。

 

古来より、自然の恵みをもたらす井戸には
水神様である水波能売大神(みずはめのおおかみ)などが
お祀りされています

私たち人間を含めた生物は、水がないと生きていけません。

ですから水を司る水神様を粗末にしてはいけないのです。

 

井戸の神様に、これまで地下水という自然の恵みである
貴重な水を頂いてきたことに対する感謝をご奉告し、
その井戸を埋めてしまうことのご奉告をして
工事の安全を祈願するのが「井戸埋め清祓」です。

 

現在は水道設備が整備されているため
水源を井戸に依存するということはほとんどなく
井戸は埋めてしまう場合が多いのです。

時々、工事途中で予期せぬ井戸が出てきた場合など
そこから工事が進められないため
できるだけ早く「井戸埋め清祓」をしてほしい
と依頼があることもあります。

 

 

 









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com