四面橋が工事中

 

今日の諫早地方も昨日からの雨空が続き、
お昼過ぎまでずっと降っていました。

 

しかし、足元の悪い中にもかかわらず
お参りに来られた方は比較的多かったようです。

これは、当宮の本明川向い、天満公園付近において
毎年恒例で様々な露店が出店するイベント、
「諫早 春の市」が開催されているからかもしれません。

以前と比べると規模は小さくなったようですが
今年は約70店が並び、3/20(火)まで開催されていますので
ご都合つく方はお出かけになってみてはいかがでしょうか。

 

さて、現在、
諫早神社前の本明川に架かる橋、「四面橋」で
電線電柱の地中化のため工事が行われています。

この「四面橋」は
国道207号線上にある本明川を渡る橋で、
諫早駅の東西を行き来する重要な道路でもあり
一日を通して交通量が多く、特に朝夕は渋滞も発生します。

工期は今年5月くらいまでで、
電線電柱がなくなることによる景観の向上とともに
これまでよりも歩道が広がり、利便性の向上が期待されます。

当神社のすぐ近くということもあって完成が楽しみです。

 

ここからが本題です。
あまり知られてはいませんが
この「四面橋」という橋の名前の由来は諫早神社になります。

というのも、諫早神社は
明治初期までの千二百年ほどの間は 四面宮という名前で、
神社の隣にお寺がある神仏習合のお宮でした。

もうおわかりだと思いますが
「四面橋」は、四面宮が由来となってるのです。

 

いまは四面宮という名前を知っている人がほとんどいないため、
すぐにわかる人はいないかもしれません。

逆に言えば、
四面宮という社名の名残があるのは
残念ながら、今となっては「四面橋」くらいなのです。

 

しかし千二百年余り諫早の地を見守ってきた四面宮の歴史、
そして四面宮の由緒や、寺社としての位置付けなどを考えれば、
「四面宮」をもっと大事にしなければならないと思っています。

 

 

 

 

 









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com