地鎮祭はしなくてよい???

 

今日の諫早地方も昨日同様に晴天となり、
最高気温も30度ほどになっているようです。

暑い日が続きましたが、
明日からはまた梅雨空に戻るようです。

 

さて、聞くところによると
最近は 「地鎮祭はしないでもよい」 とおっしゃる
建築業者さんがいるらしいと耳にしました。

(この近くでは聞いたことがないのですが、、、)

 

たしかに施主さんの様々な事情により、
稀に地鎮祭をしないということもあるでしょう。

また神式だけでなく、例えば
お寺さんでも、本堂を建築される時などは
仏式の地鎮祭をされますので、
地鎮祭は建設事に欠かせないものなのです。

しかし、業者さんのほうから
「地鎮祭はしないでもよい」などと施主さんに
進言されるのはいかがなものかと思います。

 

そもそも地鎮祭とは、
「とこしづめのまつり」とも言い、
家の新築や土木工事などにとりかかる際、着工前に
その土地をお守りくださる神さまにご挨拶を申し上げ、
工事の安全と守護を祈願するお祭りです。

地鎮祭は本来、施主が中心となって行う祭儀で
神職が祝詞を上げ、施主とともに施工業者も参列し、
工事が無事に進むことをお祈りします。

一般的には、その地域の神社から神職を呼んで行い、
時間は20~30分ほどです。

もしかすると普段はあまり経験しないものなので、
ピンとこない人も多いかもしれませんが
非常に大切な儀式です。

 

 

古来より、日本人は土地は神様のものであり、
私たち人間は神様に土地を借りて
田を開いたり、家を建てたりしていると考えてきました。

わかりやすく言うと、
勝手に土地を使って家を建て、土地の神様の怒りに触れないよう、
あらかじめ「ここに家を建てさせていただきます」と
宣言するのが「地鎮祭」なのです。

 

また、大工などプロの職人さんは非常に縁起を担ぎます。
これは危険の多い仕事を毎日していることから、
縁起を担ぐことで自分の心身を引き締め、
事故を未然に防ぐという知恵なのでしょう。

つまり、地鎮祭は、本来の意味以外にも
建築の完成と事故の防止を祈ることで
関係者全員の身をひきしめる式典でもあるのです。

 

ですから、もし「地鎮祭はしないでもよい」などと言う
建築業者さんがいらっしゃったら、
本当にプロなのかな、きちっとした仕事ができるのかな、
建築に携わることに対してどのように考えているのかな、
と疑ってみていいかもしれません。

 

「地鎮祭はしないでもよい」と言われても
省略せずに、あとから後悔しないよう
きちんと地鎮祭を執り行うことをおすすめします。

 

家を建てることは、人生の一大イベントですから
その土地やお世話になった人に感謝の気持ちをもって
地鎮祭を行い、幸家を建てていただければと思います。

 

 

 

 

 

 









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com