大祓人形を社頭に設置しました

 

今日の諫早地方は朝から青空が広がっているものの、
梅雨時期ということで湿度の高い一日となっています。

さて、ご案内中の 6/30(土)の「夏越の大祓式」ですが、
当日参列できない方でも人形祓いをできるよう
神社の社頭に人形を設置しました。

 

参拝された際にご自由にお持ち下さい。

 

人形祓いを受けられた方は、
6/30大祓式当日までに神社社務所までお持ち下さい。
(郵送でも結構です)

納められた人形はお清めお祓いお焚き上げします。

 

■大祓人形(ひとがた)=形代(かたしろ)

 

 

大祓では、身代わり人形に託して、
自らに積もった罪・ケガレを祓い除けます。

①人形に氏名、生年月日を記入します。
②各人それぞれが自身の体を人形で丁寧になでます。
  特に病んでいる部分などがあれば、より丁寧になでるとよいでしょう。
③最後に、その人形に「フーッ」×3、と息を3度吹きかけます。
  こうすることで、自分の中に積もっている「つみ」「気枯れ」、
  身体の悪い部分が人形に移るとされています。
  それらが人形に乗り移るよう祈念を込めましょう。
④この人形を袋へ入れ、初穂料とともに神社社務所へ納めます。

 ※「夏越の大祓式」の案内はこちら

 

その年々の節目におこなわれる大祓は、罪・ケガレを祓うとともに、
自らを振り返るための機会となります。

 

大祓式に参列できない方も、人形祓いをお受けになり
清浄な心身で残りの年を過ごしましょう。

 

 

 









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com