川まつりとポイ捨て

 

今日の諫早地方も朝から強い日差しが照りつけ、
発汗と水分摂取の繰り返しで夏バテになりそうです。

今日は井戸埋め清祓などをご奉仕いたしました。

明日も同じような天気が続きそうです。

 

さて、先日7/25の恒例「諫早万灯川まつり」は
少し風が強かったものの、雨も降らず天候に恵まれ
無事に行われました。

毎年感じるのが、こんなに人がいるのか
と思うほど沢山の人達が街に繰り出します。

家族連れから老若男女まで幅広い年齢層の方々が
浴衣などに身を包み街に溢れます。

 

先日のブログでも書きましたが、
この「諫早万灯川まつり」は諫早大水害の慰霊
という趣旨もありますので、
花火や出店を楽しむと同時に、多くの方々に
そういった想いにも触れてほしいものです。

 

また、多くの人達が街に出て楽しむことは
大変よいことですが、一部の人で
どうしてもマナーを守れない人がいるようです。

実際、当宮の周りでも
飲み物のカップやタバコの吸い殻のポイ捨てがあり、
たいへん残念なことです。

あるいは、神域で不敬と感じないのでしょうか、
参拝の妨げになるような場所に座り込んでいる
若者もいました。

 

ぜひそういった社会的な感性を身に付けていただき、
ルールや最低限のマナーを守ったうえで
楽しんでいただきたいものです。

 

 

 

 

 









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com