平成24年の恵方は 「北北西」

 

今日は昨日までとは打って変わって、
冬の厳しい寒さを感じる一日となりました。

明日も続けて寒いようで、体調管理に気をつけなければなりません。

 

さて、来年の平成24年は一般的には辰年とされますが、
正確には、干支(えと)は「壬辰(みずのえたつ)」と言います。

というのも、干支(えと)とは
十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)の
組み合わせによって決められているもので
平成24年の場合は、十干が「壬」、十二支が「辰」になるのです。

 

ちなみに、十干と十二支を組み合わせた干支は
全部で60種類あり、生まれた歳から干支がひとまわりして
同じ干支が巡ってくると「還暦」になります。

つまり、「暦=干支」が「還る=もどる」ということで
「還暦」の由来はここからきているのです。

 

ここからが本題ですが、
その年々の恵方(えほう)というのは
干支(えと)を構成する十干に基づいて決まっています。

 

 

平成24年は、十干が「壬(みずのえ)」ですので
恵方は「北北西(北微西)」となるのです。

 

そもそも恵方とは、
その年の一年の福徳を司る神様である
歳徳神(としとくじん)が宿る方角になります。

恵方は「明きの方よろず吉」と言われ
全てのことに大吉であり、何事につけて繁盛する吉方です。

 

もともと初詣は、 新年に際し、恵方の方角にある神社に
お参りすることから始まったという説もあり、現在でも
初詣に恵方の神社をお参りする方は多くいらっしゃいます。

 

来る平成24年の初詣は、氏神様だけでなく
自分の住んでいる場所から見て恵方(北北西)にある神社への
お参りも検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com