市川森一氏(諫早出身)の訃報

 

去る12月10日、それはあまりにも急で残念至極の訃報でした。

諫早出身で、
脚本家、劇作家、コメンテーターなど様々な分野で活躍されていた
市川森一さんが70歳という御歳で帰幽されてしまいました。

つい先日までお元気な姿を拝見していましたし、
これからも第一線で活躍されるものだと思っていただけに
なかなかこの事実を受け止めることができないでいます。

 

ご存じのように、市川氏は
『ウルトラセブン』、『帰ってきたウルトラマン』、 『仮面ライダー』、
『快獣ブースカ』、『傷だらけの天使』、 『黄金の日日』、
『淋しいのはお前だけじゃない』、 『太陽にほえろ!』、
『山河燃ゆ』、『花の乱』、『蝶々さん〜最後の武士の娘〜』などなど
代表作だけでも紹介しきれないほど数多くの映画やドラマなどを
手がけられてきた日本を代表する脚本家で、
日本放送作家協会の理事長も務められていました。

 

 

そして、地元の諫早市を人一倍想っていた方でもありました。

諫早市立図書館の名誉館長などの要職を務め、
様々な講演や文化活動を通じて、故郷への恩返しをされていました。

 

昭和60年にフジテレビで放送された『親戚たち』は、
市川氏の故郷である諫早市を舞台につくったテレビドラマで、
同郷出身の役所広司さんを主役に抜擢しました。

ちなみに、今は多様な役で活躍されている役所広司さんですが、
『親戚たち』出演まではテレビでは時代劇などが中心で、
このドラマが時代劇以外で主演した初めての作品なのだそうです。

その『親戚たち』では、諫早神社の飛び石の話も取り上げていただき、
実際に飛び石の復元にもつながったということで、
神社としても市川氏には大変お世話になっていました。

 

また、神社つながりという面においては、
市川氏はじつは日本神話を題材にした歌の作詞もされています。

演歌歌手の香西かおりさんが歌う『神集い』
という歌の作詞を手がけられており、
その歌詞には古事記のエピソードが散りばめられています。
こういった神話などにも通じていらっしゃったのかもしれません。

 

 

お亡くなりになられ、先日葬儀が長崎と東京で営まれています。

東京の葬儀・告別式では
芸能関係者を中心に600名もの方々が参列したそうです。

山田太一さんが葬儀委員長を務め、
名取裕子さん、西田敏行さん、役所広司さんらが弔辞を述べられたそうです。

他にも市川氏の作品に出演などされた
萩本欽一さん、大林宣彦さん、松たか子さん、萩原健一さん、
宮崎あおいさん、伊藤淳史さん、かたせ梨乃さん、 三谷幸喜さん、
桃井かおりさん、木の実ナナさん、小野武彦さんらが 参列されたそうです。

これだけ見てみてもどれだけ偉大な方だったのかが偲ばれます。

 

 

ここに謹んで深く哀悼の誠を捧げ、
御霊の安からんことをお祈り申し上げます。

 

 

 









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com