神社神職・巫女・楽師からなるユニット

本日は本格的な梅雨の空模様となっており
明日からもしばらく雨が続くようです。

明日は大安ということもあり
外祭(出張神事)が予定されていますので
なんとかその時だけでも雨が止んでほしいものです。
 

さて、私も初めて知ったのですが
本職が神社神職・巫女・楽師によって構成されたユニットがあるそうです。

その名も「天地雅楽(てんちがらく)」。

雅楽器(笙・篳篥・龍笛)の響きを生かし、
NHKテレビ番組「街道てくてく旅」やワコールのCMなどに楽曲提供をし
これまで新譜を発表するたびに、様々なジャンルとのと融合を図り
常に新たな表現方法が話題となってきたとのこと。
 

また、多くのコラボレーションも行ってきており
坂本龍一プロデュース公演“ロハス・クラシックコンサート”では、
代表楽曲“東風”で共演を果たし、坂本龍一氏自らピアノ伴奏を行いました。

さらには、渋谷オーチャードホールで催された
東急プレゼンツ「和」のコンサートでは、
邦楽器ユニット「古武道」鼓童の狩野泰一氏とも共演しています。
 

その「天地雅楽」が、来月7月7日(水)に
5rdアルバム『天壤無窮』(2,000円/税込)をリリースするそうです。

今回のニューアルバムでは
連続した転調に変拍子など、雅楽器の限界に挑んだ
ハイレベルな演奏技術を要する楽曲となっているとのこと。
 

神社関係者によるユニットからはどんな音色が奏でられるのでしょうか。
 

新曲もどんな楽曲なのか興味がわきますが
これまでの曲はYouTubeなどでも視聴することができるようですので
試しに一度聴いてみてはいかがでしょうか。









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com