節分は「邪気祓い」→「福を呼び込む」

 

本日の諫早地方は最低気温が氷点下零度、
そして最高気温も5度ほどとなり寒い一日となりました。

明日は今日よりも幾分かは温かくなるようです。

 

さて、先日のブログ
2月3日の節分・豆撒きの方法などをご紹介しましたが、
近年はその日に「恵方巻き」を食べる習慣も広まってきています。

「恵方巻き」とは、節分の日に
その年の恵方を向いて、目を閉じて願い事を思い浮かべながら
無言で太巻き(恵方巻き)をまるかぶりすると一年間健康でいられるとされ、
食べ終えるまで口をきかず一気に食べるものです。

太巻き(恵方巻き)の中身は、
七福神にあやかって七種類の具を入れるなど
「福を食べる」「福を巻き込む」という意味合いもあるようです。

この慣習の由来は諸説ありますが、
江戸時代の商人たちが商売繁盛の祈願・験かつぎとして
始めたものと言われています。

ただ、全国に広まったのは近年で 、いわば新しい伝統と言えるでしょう。

 

恵方とは、その年1年の開運(吉方)の方角とされ
陰陽道に基づいて決められているもので
歳徳神(としとくじん、その年の福徳を司る吉神)が
いらっしゃる方角の事です。

よって、恵方はその年毎に変わっていきます。

例えば平成24年の恵方は北北西となります。

 

ちなみに、「恵方巻き」はあくまでも縁起もの、
つまり福を呼びよせるという意味合いはあっても
邪気を祓うという意味では「豆撒き」には及ばないでしょう。

2月3日「節分の日」は、季節の境目に当たり、
バランスが悪く、邪気が入り込みやすい日ですので
まずはしっかりと厄祓いを行ってから、福を呼び込みましょう。

 

 









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com