諫早でバレー・Vプレミアリーグが開催

 

今日の諫早地方は朝から小雨もぱらつく
しっとりとした一日となりました。

明日からは次第に日差しが戻ってくるようです。

 

さて、平成26年に長崎県で開催の
「長崎がんばらんば国体」にあわせて
整備が進められていた諫早市中央体育館が
このほど完成し、今週末には落成式が行われます。

 

この新たな体育館は、五輪の金メダリストで
日本を代表する諫早市出身の体操選手・内村航平選手の
功績を称え、愛称は「内村記念アリーナ」です。

体育館内には、
内村選手に関する展示コーナーも設けられるそうです。

 

この新体育館の仕様は、
メインアリーナ(約48m×38m)が

 バスケットボール・バレーボール:2面
 バドミントン:10面
 卓球:12台
 観客席:1,448席

サブアリーナ(約38m×25m)が

 バスケットボール・バレーボール:1面
 バドミントン:4面
 卓球:4台

となっています。

 

そして、なんと落成記念行事として
バレーボールのプロリーグである
Vプレミアリーグがこの新体育館で開催されます。

 

■3月3日(日)女子
13:00~ 於:諫早市中央体育館 

東レアローズ – 久光製薬スプリングス
トヨタ車体クインシーズ – パイオニアレッドウィングス

 ※チケット情報はこちらから
 ※この試合はNHK-BS1でテレビ放送も予定。

 

■3月17日(日)男子
13:00~ 於:諫早市中央体育館 

サントリーサンバーズ – 大分三好ヴァイセアドラー
堺ブレイザーズ – FC東京

 ※チケット情報はこちらから
 ※この試合はNHK-BS1でテレビ放送も予定。

 

テレビでよく見る日本代表選手も
たくさん来ますので直にプレーを見る貴重な機会です。

 

また、女子の東レアローズには
地元・諫早市出身の
濱口華菜里選手や宮田由佳里選手も所属しています。

 

バレーボール経験者はもちろん、
それ以外の方もプロスポーツを観戦できるチャンスですので
ぜひ足をお運び下さい。

 

Vプレミアリーグは何度も観戦したことがありますが
応援の仕方もチームによってそれぞれ特徴があり、
サポーター一体となる応援もきっと楽しめるはずです。

 

 

 

 









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com