【受付終了】夏の親子もんきり教室2022

チョキチョキ もんきり 日本のかたち

 

 

令和元年に開催後、
コロナ禍により中止となっていた

夏の「親子もんきり教室」

 

日本の伝統文化を楽しく学べる
親子で参加していただく
ワークショップです。

 

今年は、
感染症対策を講じながら
3年ぶりに開催いたします。
 
 

人数に限りがございます。

お申込みをお待ちしております。

 

 

【 夏の親子もんきり教室 】

 

この夏、親子で一緒に
手を動かしながら
日本のもんよう文化を楽しく学び

 

「日本のかたち」に込められた
 たくさんの物語に
 耳を澄ませてみませんか。

 

\ 夏休みの自由研究にもどうぞ /

 

こちらは、文化庁の
支援事業の講座でございます。

 

▶内容
「もんきりあそび」は江戸時代の寺子屋でも行われた切り紙あそび。
紙を折って型紙(紋切り型)の通りに切り抜くと、手の中には美しい日本のかたち(家紋)が舞い降ります。
「かたち」のひとつひとつには、たくさんの物語が詰まっていて、
ご先祖さま達は、まるで言葉のようにそれらを組み合わせてきました。

 

日程
令和4年7月24日(日)、8月21日(日)、8月28日(日)の全3回
各日 13:00 ~ 16:00

 

対象
小学生と保護者(全3回にご参加ください)

 

参加料
全3回分で3,000円(親子2名1組) *1名追加の場合+1,500円(全3回分)

 

定員
10組(先着順)
 *感染症対策のため前回より少なくなっています

 

会場
諫早神社 参集殿ほか

 

▶講師
下中菜穂 先生
(造形作家・もんきり研究家)
文様を暮らしの中で使い楽しむ生活文化を現代によみがえらせるべく、出版、ワークショップや展覧会など活動中。「こども文様ずかん」(平凡社)など著書多数。

 

▶申込方法
メールにてお申込みください。

受付終了しました


E-mail : info(at)isahaya-jinja.jp
 *(at)を @ に置き換えてください

 *タイトルは「【申込み】親子もんきり教室2022」でお願いします

 *本文に「親子の氏名」「学年」「電話番号」をご記載ください

 *先着順の受付

 

主催
日本の伝統文化を楽しく学び未来へつなぐ会・諫早神社
(文化庁:令和4年度 伝統⽂化親⼦教室事業)

 

よくあるご質問(Q&A)

① 子どもだけでの参加はできますか?

文化庁が指定している親子教室となっておりまして
親子で一緒に楽しく学んでいくプログラム構成でございます。

 

② 3日間すべての参加がむずかしいのですが応募できますか?

原則、3回すべてに参加できる方のみとなります。
ご事情がある場合はお問合せください。

 

③ 兄弟(下の子など)を連れて行ってもよいでしょうか?

基本的には、小学生のお子さんとその保護者が対象となります。
例えば、小学生2人と保護者1人の計3名でもOKですし
小学生1人と保護者2人の計3名でもOKです。
(3名以上の場合、1名につき受講料は +1,500円@全3回分)
小学生未満のお子さんなどがいらっしゃる場合は一度お問合せください。
ご参加される対象の親子が
教室に集中していただけるように進めていければと思っております。

 

④ 持っていくものはありますか?

受講料の中に材料費も含まれておりますので
基本的にはございませんが、参加が確定した方々には
別途 詳細をご連絡させていただきます。

 

 



【夏越の祓2022】茅の輪くぐり・ヒトガタ祓い・茅の輪まもり 

【 お知らせ 】

 

昨年に引き続き、本年も、感染症対策として
神事へのご参列
の呼びかけは自粛させていただきます。

 

茅の輪くぐり・ヒトガタ祓えと
各自で行っていただき「茅の輪まもり」をお受けになって
疫病退散・無病息災をご祈願ください。

 

◎ヒトガタ頒布
6月15日(水)から頒布 受付7月3日(日)まで

 

・人形(ヒトガタ)

・車形

・いぬ形

・ねこ形

・ペット全般形

・二輪車形

ヒトガタの他に5種をご用意しております。

ご入用の方は、ヒトガタと合わせてお持ちください。

 

ヒトガタ祓えをお受けの方に「茅の輪まもり」をお授けしています。

↓ 

茅の輪まもり

 

ご遠方の方も

オンライン遥拝授与所にて

ヒトガタ祓・茅の輪まもりをお受けいただけます。

 

半年分のお祓いをしていただき

清らかな心身で、新たな半年をお過ごしくださいませ。

 

オンライン遥拝授与所はこちら

  

 

◎茅の輪くぐり設置
6月17日(金)~7月3日(日)まで

 

 

今年も一年の半分が過ぎました。毎年6月は、

夏を無事に越せるようにと祈願する「夏越の大祓」が行われます。

 

社頭(お参りをするところ)で
事前に 人形(ヒトガタ)を頒布しておりますので
ご自由にお持ち帰りいただき、ヒトガタ祓いをお受け下さい。

 

ヒトガタはお祓いをして、お焚き上げをいたしますので
7月3日(日)中までに社務所へお納め願います。

 

社務所にヒトガタをお納めされた方には
「茅の輪守り」をお授けしています。

 

また、社殿前の「茅の輪」を設置しています。

 

どなた様も「茅の輪くぐり」をすることができます。

 

その年々の節目におこなわれる大祓は
疫病退散をはじめ、自らの罪や気枯れを祓うとともに
この半年の自分を振り返るための機会としたいものです。

 

大祓(おおはらえ)とは

 

私たちが日常生活の中で知らず知らずのうちに人を傷つけたり、
罪を犯したり、穢れに触れています。

 

そして、その状態を放っておくといずれ大きな災厄となって
降りかかってくると云われています。

 

この大祓式の神事は
それらの「罪」「過ち」を取り除き、
体内に生じた「ケガレ(=気枯れ)」を人形(ヒトガタ)に託して
祓い除けるという日本古来の伝統的な行事です。

 

毎年6月と12月の末に行われ、6月を「夏越の大祓」
12月を「年越の大祓」といいます。

 

特に6月末の「夏越の大祓」では
心身を清めるための「茅の輪くぐり」を行います。

 

歴史

 

その歴史は古く、平安時代に大宝律令で正式な宮中行事と定められ、
中世より全国に普及し、現在も多くの神社で行われています。

 

なお、当神社では
この数十年は斎行できずにいましたが、数年前から復活いたしました。

 

茅の輪(ちのわ)

 

「茅の輪」とは茅草等で作られた大きな輪のことで
これをくぐることにより、疫病や罪穢が祓われるとされています。

 

くぐり方は、
左まわり・右まわり・左まわりと
8の宇を書くように三度くぐり抜けます。

 

こうして心身ともに清らかになり、
あとの半年間を新たな気持ちで過ごすことができるのです。

 

芽の輪の起源については、
善行をした蘇民将来(そみんしょうらい)が

「もしも疫病が流行したら、茅の輪を腰につけると免れる」といわれ、

そのとおりにしたところ
疫病から免れることができたという故事からきています。

 

ヒトガタ 

 

大祓では、身代わりヒトガタに託して、これまでの罪穢れを祓い除けます。

 

①各人それぞれが自身の全身をヒトガタで丁寧になでます。

 特に病んでいる部分などがあれば、より丁寧になでるとよいでしょう。

 

②最後に、そのヒトガタに「フーッ」×3、と息を3度吹きかけます。

 こうすることで、自分に積もっている罪やケガレ、
 身体の悪い部分がヒトガタに移ると云われています。

 それらがヒトガタに乗り移るよう祈念を込めましょう。

 

ヒトガタ祓いをされた方には、「茅の輪守り」をお授けします。

 

このように、その年々の節目におこなわれる大祓は
罪や穢れを祓うとともに、自らを振り返るための機会となります。

 

大祓により、清浄な心身で残りの半年を過ごしましょう。

 

「茅の輪」くぐり方

 

「茅の輪」とは、茅などでつくられた大きな輪のことで
これをくぐることで、ツミ・ケガレを祓います。

 

くぐり方は、左まわり・右まわり・左まわりと、
8の宇を書くように三度くぐり抜けます。

 

また、3回くぐる所作の際に
次の三つの唱え詞(となえことば)を唱えながらくぐりることが
古式に則ったくぐり方となります。

 

①左廻り 唱え詞

 

水無月の 夏越の祓する人は 千歳の命 延ぶと云うなり
(みなづきの なごしのはらえするひとは ちとせのいのち のぶというなり)

 

【要旨】
六月に夏越の大祓をした人は、寿命が千年にも延びると云われている

 

②右廻り 唱え詞

 

思ふこと みな尽きねとて 麻の葉を 切りに切りても 祓ひつるかな
(おもうこと みなつきねとて あさのはを きりにきりても はらいつるかな)

 

【要旨】
思い悩む事が全て無くなってしまうように祈りながら、
麻の葉を切りに切って大祓をするのだ

 

③左廻り 唱え詞

 

蘇民将来 蘇民将来
(そみんしょうらい そみんしょうらい)

 

【要旨】
蘇民将来の説話にあやかって何度も復唱

 

唱え言葉を唱えながら「茅の輪くぐり」をいたしましょう。

 

 



\ 4月24日 (日) 春の流鏑馬 /

鎌倉時代から続く
本明川の河川敷での「やぶさめ奉納」

2022春の流鏑馬PV【予告編】

 

令和4年 4月24日(日)午後1時30分より
本明川 河川敷で 流鏑馬(やぶさめ)を行います。

 終了しました

 

観覧 無料 です。よろしければ足をお運びください!

 

その昔、本明川の河川敷は、諫早神社の敷地で
神社のお祭りの際には、
この河川敷で 盛大な流鏑馬が行われていました。

 

じつに、鎌倉時代から続く諫早を代表する伝統行事でした。

また、本式での流鏑馬は、県内 ここだけ です。

 

この機会に、ぜひその目で、勇壮な姿をご覧いただければと思います!

 

 

┃流鏑馬(やぶさめ)とは┃
疾走する馬上から的に矢を射る、日本の伝統的な騎射の儀式

 

また、「 やぶさめ体験」

諫早青少年自然の家「昔あそび」コーナーもあります。

お誘い合わせのうえ、ご参集くださいませ

 

内容・タイムスケジュール

① 午後1時30分 – (約30分)
神事(巫女舞 奉納など)

*観覧 無料です

 

② 午後2時00分 – (約30分)
流鏑馬(やぶさめ)

*観覧 無料です

 

③ 午後2時30分 – 4時頃(約90分)
子ども やぶさめ体験
 弓の練習 → 乗馬 → 的射

*保険料として1人/500円が必要です
*受付開始は午後1時30分~ 先着順です
*子ども優先ですが、大人もできます!
*先着順でのご案内となりますので、
    順番が来るまでは「昔あそび」コーナーなどでお過ごしください
*定員制限はございませんが、終了時間は概ね午後4時となります

 

④ 随時
諫早青少年自然の家「昔あそび」コーナー
羽子板、けん玉、クラフト作成(紙トンボ)など

 

場所

本明川 河川敷(パークレーン前)

 

駐車場

無し(近くのコインパーキングなどをご利用ください)

 

荒天時は中止

小雨の場合は決行することもございます

 

主催

春の流鏑馬2022実行委員会(NPO法人 長崎流鏑馬保存会・諫早神社)

 

問い合わせ

長崎流鏑馬保存会
・諫早神社 0957-22-2073

 

その他

当日は、近くの諫早アエル中央商店街で
食と暮らしのグーグーマルシェ」が開催されています。

合わせてお楽しみください。

 

 



【年越の大祓】年末詣・ヒトガタ祓え

【 終了しました 】

 

昨年に引き続き、本年も、感染症対策として
神事へのご参列はお控えいただくこととさせていただきました。

神事は神職のみでご奉仕いたします)

 

年末の「ヒトガタ祓え」を
各自で行っていただき、清らかな心身で新年をお迎えください。

 

◎ヒトガタ頒布
12月10日(金)から頒布 受付12月30日(木)中まで

・人形(ヒトガタ)

・車形

・いぬ形

・ねこ形

・ペット全般形

・二輪車形

ヒトガタの他に5種をご用意しております。

ご入用の方は、ヒトガタと合わせてお持ちください。

 

ヒトガタ祓えをお受けの方に「清め塩」をお授けしています。

 

今年も一年の締めくくりの時期。毎年12月は、

この一年のツミ・ケガレを祓い
新年を迎えるための「年越の大祓」が行われます。

 

社頭(お参りをするところ)で
事前に 人形(ヒトガタ)を頒布しておりますので
ご自由にお持ち帰りいただき、ヒトガタ祓いをお受け下さい。

 

ヒトガタはお祓いをして、お焚き上げをいたしますので
12月30日(木)中までに社務所へお納め願います。

社務所にヒトガタをお納めされた方には
「清め塩」をお授けしています。

 

その年々の節目におこなわれる大祓は
疫病退散をはじめ、自らの罪や気枯れを祓うとともに
この一年の自分を振り返るための機会としたいものです。

 

大祓(おおはらえ)とは

 

私たちが日常生活の中で知らず知らずのうちに人を傷つけたり、
罪を犯したり、穢れに触れています。

 

そして、その状態を放っておくといずれ大きな災厄となって
降りかかってくると云われています。

 

この大祓式の神事は
それらの「ツミ」「アヤマチ」を取り除き、
体内に生じた「ケガレ(=気枯れ)」を人形(ヒトガタ)に託して
祓い除けるという日本古来の伝統的な行事です。

 

毎年6月と12月の末に行われ、6月を「夏越の大祓」
12月を「年越の大祓」といいます。

 

歴史

その歴史は古く、平安時代に大宝律令で正式な宮中行事と定められ、
中世より全国に普及し、現在も多くの神社で行われています。

 

なお、当神社では
この数十年は斎行できずにいましたが、数年前から復活いたしました。

 

ヒトガタ 

大祓では、身代わりヒトガタに託して、これまでの罪穢れを祓い除けます。

 


各人それぞれが自身の全身をヒトガタで丁寧になでます。

特に病んでいる部分などがあれば、より丁寧になでるとよいでしょう。

 


最後に、そのヒトガタに「フーッ」×3、と息を3度吹きかけます。

 

こうすることで、自分に積もっている罪やケガレ、
身体の悪い部分がヒトガタに移ると云われています。

 

それらがヒトガタに乗り移るよう祈念を込めましょう。

 

ヒトガタ祓いをされた方には、「清め塩」をお授けします。

 

このように、その年々の節目におこなわれる大祓は
罪や穢れを祓うとともに、自らを振り返るための機会となります。

大祓により、清浄な心身で日々を過ごしましょう。



【11/23火・祝】餅つきパフォーマンス&野菜の青空直売会

※ 終了しました ※

現在、11月23日は
祝日「勤労感謝の日」ですが

 

もとは収穫感謝の神事
「新嘗祭:にいなめさい」を行う祭日。

 

今も、 11月23日は
宮中をはじめ、全国の神社で
一斉に、秋の収穫感謝祭である
新嘗祭の神事が行われています。

 
諫早神社では

 

来週11/23(火祝) に
新嘗祭の神事だけでなく

 

新嘗祭にお供えされた
もち米を使って、餅つきを行います!

 

 

餅つきパフォーマンスを
ご奉仕いただくのは

 

長崎県内にて活動されている
「かわち家」さん

 

ついたお餅は、その場で
ご参集の皆様に振る舞います。

 

楽しい餅つきパフォーマンスの
観覧は 無料!

 

 

ご都合のつく方は
ぜひ、ご参集くださいませ。

 

収穫され御神前にお供えされた
神様のご加護が宿ったもち米。

 

皆さんと心を合わせながら
お餅をつくっていく過程を共有し

 

自然の恵みを、喜び合い
分かち合いたいと存じます。

 

また、合わせて

 

お供えされたお米を
1kgの小分け袋に詰めて

 

数量限定ではありますが、
ご参集の皆様に贈呈させていただきます。

 

13:00からの
餅つきパフォーマンスに引き続いて
お米の「贈呈ビンゴ大会」を初開催!

 

 
\ 新嘗祭お餅つきパフォーマンス /

 

\ 新嘗祭ご神気の宿るお米の贈呈 /

 

◆日程
令和3年11月23日(火・祝)
13:00頃〜

 

◆場所
諫早神社の境内(社務所の前)

 

◆駐車場
神社の参拝者駐車場のほか、
本明川河川敷も
駐車場として利用できます。
(出入口:いちのせ皮膚科まえ)

 

◆観覧
無料
(お餅の振る舞いあり)
(お米の贈呈ビンゴ大会あり)
*お餅やお米は数量限定

 

収穫の感謝を皆さまと共に!

 

お待ちしております。

 

 

また、当日は
お昼(正午)頃から

 

神社の境内で
有機野菜の青空直売会も行います。

 

 

お野菜をつくられているのは
九州の守り神が宿る、
雲仙の地で

 

・農薬不使用
・化学肥料不使用
・除草剤不使用

 

という、有機農業をいとなみ
さまざまな季節の野菜を
つくっている「つむら農園」さん。

 

自然の恵みが詰まって
美味しいのはもちろんのこと

 

彩りあざやかで目にも楽しく
野菜本来の香りも楽しめる
まさに五感で味わえるお野菜です。

 

旬のお野菜は
数に限りがあり、
無くなりしだいの終了となります。

 
新嘗祭の一日、
自然の恵みに感謝のお参りと共に

 

実際に、
自然の恵みを味わって
感じていただけますと幸いです。

 

 

 

 



【ご奉納受付のご案内】収穫感謝の新嘗祭

※ 終了しました ※

古くから稲作を営んできた日本人にとって
秋の収穫の時期は、一年で格別に喜ばしいとき。

  
現在、11月23日は
祝日「勤労感謝の日」となっていますが
 
もとは、収穫の感謝を御神前に捧げる
「新嘗祭:にいなめさい」を行う祭日です。
 

 

その起源は古く、弥生時代までさかのぼり
 
今も、 11月23日は
宮中をはじめ、全国の神社においては一斉に
秋の収穫感謝祭である「新嘗祭」の神事が行われています。

 

  
諫早神社においても
令和3年11月23日(火・祝)は新嘗祭が行われ
 
初穂を捧げて神様にご奉告し
神様のご加護に感謝する神事を行います。
 
 
このたび、その新嘗祭にお供えする
感謝の真心としての「奉納品」を広くお受けしますので
ご案内申し上げます。
 
お供えいただいた「奉納品」は
11月23日「新嘗祭」で御神前にお供えし、
感染症の収束と、皆様のご健康ご多幸をお祈りいたします。
 

 
ご奉納品は
(1)神社のお近くの方も(2)ご遠方の方も
オンライン遥拝授与所から
どなたでも、お申し込みをしていただけます。
 

(1)神社のお近くの方・ご持参での受付

◆奉納の受付
令和3年11月18日(木)~11/22(月)
各日9:00~17:00
*諫早神社社務所へご持参いただいての受付となります。
*お供えのスペースの関係で、縦横30cmの皿に
 収まる程度までの量でお願いします。


◆受付する奉納品の内容
米・酒・野菜・卵・果物・花・菓子など
農作物をはじめ、神様に喜んでいただける物品
 

 

(2)ご遠方の方・オンライン遥拝授与所からの受付

 
◆受付
令和3年11月18日(木)~11/22(月)
オンライン遥拝授与所から、どなた様でもお申込みできます
 ↓  ↓  ↓

 
◆受付する奉納品の内容
(8種の中からお選びいただき、神社で手配してご神前にお供えします)
① お米1kg
② お米3kg
③ お米5kg
④ お酒300ml
⑤ お酒720ml
⑥ お酒1800ml
⑦ 野菜果物
⑧ 御神饌一式セット(お米・お酒・野菜果物・魚)

 

 

 
令和3年11月18日(木)~11/22(月)
オンライン遥拝授与所から、どなた様でもお申込みできます

 ↓  ↓  ↓

 

 

 



【募集】お正月の巫女さんになりませんか

定員に達しましたので、募集は終わりました。
機会がありましたら、ご応募をお待ちしております。

 

 

お待たせいたしました。

 

今度のお正月、令和4年(2022年)のお正月に
神社でお手伝いのご奉仕をしていただける
【巫女さん】【助勤者】の募集を開始いたします。

 

ご関心ある方は、下記の募集要項をご確認ください。

 

真剣に 楽しく ご奉仕できる方のご応募をお待ちしております。

 

◆募集人数

 

【巫女さん】
10名程度 (書類、面接、筆記 による選考を行います)

【助勤者】
若干名(男性)

 

* 例年、定員以上の応募がありますのでお早めにご連絡をお願いします

 

◆募集期日

 

定員になりしだい締め切りとなります。

 

◆奉仕内容

 

御神酒・福飴等の振舞、御守御神札の授与、御祈祷の受付案内、境内清掃
(屋外での奉仕時間も多いため、体力に自信のない方はご遠慮下さい)
 
*助勤者(男性)は、参拝者誘導、古神札整理、境内清掃

 

◆奉仕期間

 

令和3年12月下旬 ~ 令和4年1月上旬の間でシフト制
(正月の三ヶ日1/1 ~ 1/3の三日間は必須、それ以外は希望日で調整)

 

◆応募条件

 

* 心身ともに健康で、高校生から27歳位までの未婚の方。
 
* 日本の伝統文化や神社に関心を持っている方。人と接することが好きな方。
 
* 諫早市在住または近郊の方。
 
* 12月下旬(現在の候補日は12/26日曜)の事前研修に必ず参加できる方。
 
* 応募は本人に限ります。(家族等が代理で 問い合わせ・応募することは不可とします)
 
* 茶髪、マニキュア・ピアス等は不可。
 
* 高校生の場合は、学校と保護者の許可を得て下さい。

*一般のアルバイト感覚ではなく、神社でのご奉仕という心構えを持てる方。

 

◆待遇

 

神社規定による奉仕料を支給。昼食支給。
 
巫女装束は神社で用意します。(肌着や白足袋は各自でご準備下さい)

 

◆備考

 

巫女は、参拝者と直に接する「お宮の顔」であり
 
大きな使命感と責任感が必要です。

 

そのことを自覚し、やりがいを感じられる方、
 
真剣に楽しくご奉仕できる方のご応募をお待ちしております。

 

巫女さんとして奉仕した経験は
 
これからの人生にも役立つことでしょう。

 

なお、当社でお正月時期に巫女さんを経験した方々の感想を
以下の手順でご参照いただけます。

 

当社ホームページ
 →トップ画面の下部・左側
  →googleカスタム検索(ブログ検索)
   →「巫女 感想」を入力して検索ボタンを押す

 

巫女さんのイメージが少しはできるかと思いますので、
一度ご参考にご覧になってみてください。

 

◆応募方法(お問合せ先)

 

[1] ホームページ
お問い合せフォーム」から24時間いつでも受け付けております。

 
[2] インスタDM
インスタグラムのダイレクトメッセージでの連絡も受け付けております。

 

[1] [2]
いずれも
①氏名
②年齢/学年
③連絡先(電話番号・メールアドレス)
④面接可能日時(可能な日時を複数お知らせください)
⑤勤務可能日
をご連絡ください。

 
明るく楽しくご奉仕していただける方
ご応募お待ちしております!

 

ご不明な点ございましたらお問合せ下さい。

 

 

 



諫早駅×諫早神社の共同企画スタート!

JR諫早駅と
九州総守護の神社である諫早神社が一緒に
 

来年の2022年秋に迫った新幹線の開業を見据え、
 

地域の活性化に向けた共同企画を始めました!

 
 
JR諫早駅の窓口で受け取ることができる「来駅証明書」を、
諫早神社の授与所で渡すと、
 

「来駅証明書」の提示をした方だけに頒布される
期間限定の御朱印を受けることができます。
 

10月からの第一弾は、
コロナ収束の祈りを込めた「アマビエ御朱印」が頒布されていて
すでに多くの方々がお受けになられています。

 

 
そして、11月3日(水・祝)からの第二弾は、
 

ちょうど新幹線の開業1年前のタイミングを記念して
「つながる御朱印」が登場!

 

 
この御朱印は
(1)新幹線という高速ネットワーク網に諫早駅がつながること
(2)再開発で新しくなった諫早駅(iisa)と諫早の街がつながること
(3)これによって人と人とがつながること

を表現し、街や人が「つながる」ことで
地域活性化が進んでいくよう願いを込めて奉製されました。

 

 
 

どちらの御朱印も、諫早神社の印だけでなく
「九州旅客鉄道 諫早駅乗降証」の印が押されている特別な御朱印です。
 

この機会に、新しくなった諫早駅に足をのばして、
駅周辺を散策しながら、諫早神社でお参りをしてみてはいかがでしょうか。
 

 
なお、この共同企画の初穂料の一部は、
地域活性化のための活動に寄付されることになっています。

 

 

 

本共同企画に関する
JR九州さんのプレスリリースはこちら
 

(画像をクリックするとPDFが開きます)
 

↓  ↓  ↓

 



【おうち写典】無料ダウンロード

 

このたび
感染症の収束を願って

 

疫病退散・平穏祈願の
祝詞(のりと)をなぞり書きできる
「おうち写典:しゃてん」の用紙を

 

<無料>で頒布いたします。

 

おうち写典は
諫早神社オリジナルのA4用紙サイズで

 

なぞり書き仕様となっているため
どなた様も、お気軽に書くことができ
「願い」を「かたち」にすることができます。

 

感染症の猛威により、外出もままならず
ご自宅で過ごす「おうち時間」がさらに増えています。

 

心の安定がゆらぎ、ストレスもたまりがち。

 

「おうち写典」で心を整えてみませんか。

 

 

 

▼ 写典とは ▼

 

どちらかというと
写経(しゃきょう)という言葉のほうが
馴染み深いかもしれません。

 

写経は、お寺で
仏教の言葉を書き写すもの。

 

簡単に言うと
写経の「神社版」が「写典」です。

 

写典で書くのは、祝詞(のりと)と呼ばれる
大和言葉で書かれた、神様へお伝えするメッセージ。

 

今回、諫早神社オリジナルの
疫病退散祈願の祝詞をつくり、それを
なぞり書きできる用紙を作成しました。

 

写典は、祈りや願いを込めながら
自らの手で一文字一文字を書いていくこと

 

雑念がしだいに消えていき
心が落ち着いていく効果もあります。

 

皆さんの想いを、この祝詞に託して
神様と心をつなげていただけますと幸いです。

 

 

 

▼ 用意するもの ▼

 

手持ちのボールペン1本で十分です。
水性でも油性でもかまいません。

 

筆ペンもよいでしょう。

 

太さや書き味は
好みのタイプでだいじょうぶです。

 

 

▼ 書くときのポイント ▼

 

「上手に書こう」
「早く仕上げよう」と思わず
一文字ずつ、ていねいに書いていきましょう。

 

リラックスすることが大切です。

 

できれば、姿勢は
背すじを伸ばして
目と写典用紙を
30センチほど離して書くのがよいでしょう。

 

 

▼ 仕様 ▼

 

なぞり書きできるよう本文は薄墨となっています。
用紙はA4サイズ
モノクロ・片面

 

 

▼ 配布 ▼

午前9時~午後5時まで
諫早神社の授与所で <無料> 配布しています。

 

また、諫早神社ホームページから
<無料>でPDFをダウンロードできますので

 

全国どなたでも、世界のどなたでも
ご利用いただいけます。

 

 

どなた様も、おうち写典を通じて

大いなるご加護を戴かれまして
心穏やかな日常が戻ることを祈っています。

 

 

 

▼ ダウンロードはこちらから ▼

 

なぞり書きできる<薄墨バージョン>

どなた様でも、簡単に、書くことができます

 

 

 

 

なぞり書きで物足りない方は

<罫線のみバージョン>もダウンロードできます

 

 

見ながら書きたい方の
<見本バージョン>のダウンロードはこちら

 

 

 



【お知らせ】諫早神社LINE公式アカウント

 

諫早神社では、LINEのタイムラインで

年中行事や四季折々の話題などの最新情報を発信しています。

 
(投稿はインスタグラムと同じほぼ内容)

 

情報をお受けになるには
諫早神社の公式アカウントへ「友だち登録」をお願いします。

 

未来へと受け継いでいきたい
日本の文化や伝統をお伝えしていきたいと思っています。

 

よろしければ
ご家族やお知り合いにもご紹介いただけますと幸いです。

  

登録はこちらから!

↓ ↓ ↓

 

 









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com