「花鳥風月の御朱印」4月から!

 

自然を受け入れ、自然に寄り添い
人間も自然の一部であると考えて

 

自然と一体になることを
「美」と感じてきた日本の文化。

 

そういった日本文化を
御朱印を通して感じていただきたいとの思いを込め

 

このたび、令和2年4月より

 

「花鳥風月の御朱印」をスタートいたします!

 

 

今年1年のテーマは
「花」と「鳥」の二種。

 

季節ごとの「花」「鳥」を描いた
諫早神社オリジナルの
毎月1ヶ月限りの限定御朱印です。

 

この4月は
「ツクシシャクナゲ」と「カルガモ」

 

お受けいただきまして、
季節の移ろい、季節の美を
ぜひ感じていただければと思います。

 

 

◆4月の花「ツクシシャクナゲ」

 

当神社の鎮座する長崎県諫早市。

 

その諫早市の市花とされているのが
ツクシシャクナゲです。

 

ツツジ科の常緑低木で
淡紅色のきれいな花をつけ

 

日本産シャクナゲの中で
最も美しい花とされます。

 

諫早市高来町の
「多良岳ツクシシャクナゲ群」は
国の天然記念物に指定されています。

 

毎年4月中旬頃から花を咲かせますが
見頃の時期はとても短いそう。

 

日本で最も美しいシャクナゲ。

 

ぜひ、見に行ってみてください!
(近年、多良岳へのアクセス道路も整備されました)

 

 

◆4月の鳥「カルガモ」

 

この時期、諫早神社前を流れる
本明川でも 親子連れのカルガモを
見ることができます。

 

他にも、田んぼや池など
人の生活の近くでも見ることができる鳥。

 

青草、落ち葉などを食べているそうです。

 

軽鴨という漢字名は日本名で、
古くは「万葉集」の歌にも登場するほど
日本人には親しみのある鳥です。

 

 

○頒布期間:毎月1ヶ月限定(ただし無くなり次第の終了)
※新型コロナの影響によりお参りが叶わない方も多くいらっしゃいますので、しばらくは1ヶ月の頒布期間を延長してお受けいただけるようにいたします

 

○サイズ:片面

 

○御朱印符(朱印は一つ一つ手押しです)

 

○神社で御朱印帳にお貼りしますので、御朱印帳をご持参ください(御朱印帳は神社でも頒布しています)お持ち帰り可

 

○社務所にて頒布(9:00~17:00)

 

○参拝日はお参りされた日付を墨書きいたします

 

○当神社オリジナル御神饌 [ 神社おこし ] または [ 神社カステラ ] または [ 神社飴 ] 付き

 

○現在は郵送での頒布はお受けしておりません

 

○お一人3体まで

 

 









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com