雨降る中での地鎮祭

 

今日の諫早地方は予想降水確率は高くありませんでしたが、
午前中から少しずつ雨が降り出しました。

明日も今日と同じような天気予報となっています。

 

さて、本日は午前中に地鎮祭をご奉仕いたしました。
施主様、ご家族様におかれましては
大変おめでとうございました。

開式時点では雨は降っていませんでしたが、
祝詞奏上の際から少しずつ雨が降ってきました。

今日はテントがありませんでしたので、
雨が降り出してからは
施工主の方々に傘をさしていただきながらのご奉仕となりました。

幸い、それほど大降りとはならなかったため、
地鎮祭の神事は滞りなく執りおさめることができました。

 

こういった雨が降るの中の地鎮祭について、
時々施主様より「晴れの日がいいのでは」「雨だとよくないのだろうか」
と不安の声を聞くこともありますが、そういったことはありません。

今日も施主様にお話ししましたが、
古来より「雨降って地固まる」と云われているように、
地鎮祭などでで雨が降ることはかえって縁起が良いともされてきました。
また、天からの恵みである雨によって土地が祓い清められる
ともされています。

雨天の地鎮祭でも気にすることはございませんので、
どうぞご安心ください。

 

なお、それとは別に
雨が降った場合はどうするかを事前に決めておくことも大切なことです。

ほとんどは施工主の方々がテントを用意して斎行することが多いですが、
大雨や台風の場合は順延することも選択肢の一つです。

当神社では、地鎮祭など出張でのご祈祷については
事前に打ち合わせ用紙でやりとりをしています。

その用紙に雨天の場合のことを記載する欄がありますので
施主様・施工主様でご相談のうえ、お決めいただければと思います。

 

 









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com