「田祈祷祭」はじまる

本日はいつ雨が降ってもおかしくないような曇り空ですが、
天気予報によると、何とか明日まではだいじょうぶのようです。
 

さて、今日から各兼務神社において
「田祈祷祭」が始まっています。

来週・再来週にかけて
各神社で田祈祷祭が予定されています。
 

田祈祷祭とは、諫早地方に伝わる伝統行事で
毎年、田植えが終わった頃のこの時期に行い、
田植えが無事に終わった感謝と
秋の収穫時期にはよい稲穂ができますようにと祈願をするものです。
 

本日は森山町の河上神社、栗面町の貴船神社、栄田町の歳神社で
それぞれの地域の方々のご参列の上、斎行されています。
 

なお、栄田町の歳神社では
神事後の直会も早々に、子供たちも参加して「浮立」が奉納されました。

風が少し強かったので、難しいところもあったようですが
日頃の練習の成果を発揮し、素晴らしい浮立を披露されていました。
 

 

 
このような伝統行事は
これからも大切にし、永く伝承していかなければなりません。
 

 

今年の梅雨は雨量が多かったように思いますが、
田植え自体は概ね順調とのことでした。

ただ、昨年に引き続き今年の夏は猛暑になりそうで、
稲の発育にどのような影響を及ぼすのか心配されます。









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com