【平成23年 年越の大祓式】12/25(日)15時~

 

日本漢字能力検定協会から
今年、平成23年(2011年)の世相を1字で表す
恒例の「今年の漢字」が「絆」に決まったと発表されました。

「絆」が選ばれた理由としては、
東日本大震災や紀伊半島豪雨などで
家族や仲間との絆の大切さを改めて知ったことや、
サッカーW杯で優勝した「なでしこジャパン」の
チームワークなどが挙げられたそうです。

ちなみに、2位が「災」、3位が「震」、4位が「波」、
5位が「助」と、震災を連想させる漢字が続いています。

皆さんにとっての「今年の漢字」は何だったでしょうか。

 

 

さて、毎年、年に二回行われる大祓ですが
12/25(日)15:00~「年越の大祓式」を斎行いたします。

ご自由にご参列できますので、どうぞご参集ください。

ご参列できない方も
社頭にて事前に人形(ひとがた)を頒布しますので、
大祓人形をお持ち帰りいただき、当日12/25までに社務所へお納め下さい。

その年々の節目におこなわれる大祓は、
自らの罪や気枯れを祓うとともに、
今年の自分を振り返るための機会としたいものです。

 

■大祓式とは

私たちが日常生活の中で知らず知らずのうちに人を傷つけたり、
罪を犯したり、穢れに触れています。
そして、その状態を放っておくといずれ大きな災厄となって
降りかかってくると云われています。

この大祓式の神事は
それらの「罪」「過ち」を取り除き、
体内に生じた「けがれ(=気枯れ)」を人形(ひとがた)に託して
祓い除けるという日本古来の伝統的な行事です。

毎年6月と12月の末に行われ、6月を「夏越の大祓式」、
12月を「年越の大祓式」といいます。

 

■歴史

その歴史は古く、平安時代に大宝律令で正式な宮中行事と定められ、
中世より全国に普及し、現在も多くの神社で行われています。

 

■人形(ひとがた)

大祓では、身代わり人形に託して、これまでの罪穢れを祓い除けます。
①各人それぞれが自身の全身を人形で丁寧になでます。特に病ん
でいる部分などがあれば、より丁寧になでるとよいでしょう。
②最後に、その人形に「フーッ」×3、と息を3度吹きかけます。
こうすることで、
自分に積もっている罪や穢れ、身体の悪い部分が人形に移ると云われています。
それらが人形に乗り移るよう祈念を込めましょう。
 

年の瀬も間近になりました。
大祓式により、清浄な心身で残りの新年を迎えましょう。









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com