ベストリベロ賞に諫早出身・濱口華菜里さん

本日は「暑い」と言ってもいいような陽気で、
眩しい日射しが差し込み
春の可憐な花々も咲き誇っているようです。  

 

さて、昨日4/10に東京体育館で行なわれた
バレーボール「2009/10Vプレミアリーグ優勝決定戦(女子)」において
東レアローズがJTマーヴェラスをストレートで下し、
3年連続3回目の優勝を果たしました。

この東レアローズ(女子チーム)には
諫早市出身の濱口華菜里選手が所属しており
レギュラーのリベロとして今シーズンも活躍し、
今回、個人賞としてベストリベロ賞を初受賞しました。

おめでとうございます。

 
濱口選手は、小学校3年生からバレーボールを始め
諫早の有喜小学校、有喜中学校を経て
バレーの名門・九州文化学園へ進学されました。

九州文化学園ではキャプテンとして
チームをまとめ上げ
インターハイ優勝・国体ベスト4の成績を挙げています。

その後、平成16年に東レアローズに入団し
安定したレシーブ力を発揮し活躍されています。

昨年はついに
全日本女子代表メンバーに初選出されましたので
ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 
世界と戦うには相対的に高さにウィークポイントのある
全日本女子バレー界にとって
レシーブはまさしく世界に伍するための生命線です。

これからも所属チームでの守護神はもちろん、
全日本女子バレーの守護神として
さらに活躍していただきたいものです。

また、西諫早小・ 西諫早中・九州文化学園から東レアローズに入団し
現在レギュラーで大活躍中の宮田由佳里選手も諫早出身ですし、
同じく九州文化学園出身では
高田ありさ選手、築地保奈美選手、峯村沙紀選手が
東レアローズに所属しています。
 

皆様ますますのご活躍を期待申し上げております。
がんばってください。









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com