内村選手、史上初のNHK杯5連覇

 

今日の諫早地方は昨日からの雨が落ち着き、
ぱらつく時間はありましたが曇の多い一日となりました。

大安の日曜日ということもあって、
初宮詣や安産祈願などをご奉仕いたしました。

 

さて、昨日最終日が行われた第52回NHK杯体操競技で
諫早市出身で金メダリストの内村航平選手が、
史上初のNHK杯5連覇という偉業を成し遂げました。

 

おめでとうございます。

 

私も後半はテレビ中継を見ていましたが、
他の参加選手とは次元の違うような明らかにレベルの違う
演技を披露され、二位以下に大差をつけての優勝でした。

 

難易度を落としての演技とのことですが、
二日間連続で90点以上の高得点をたたき出しました。
すごいですね。

 
会見で、「2020年の東京五輪まで現役でいたい」という
コメントもされたようで、これからも長く日本体操界リーダーとして
美しい体操を見せてくれることを期待しています。

 

どうぞ御身体ご自愛いただき
ますますご活躍されますようお祈りいたします。

 

 

 

 

 

 









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com