屋根の補修作業が無事終了

 

今日の諫早地方は暖かな春の陽が差し込み、
暖かい一日となりました。

明日からは少し曇りがちになるものの、
おおむね安定した天候がしばらく続くようです。

 

さて、今年1月19日のブログ
社殿の雨漏りについて対策を検討中ということを
記載しておりましたが、
来月からの梅雨の時期が来る前に何とかしなければ
ということで、屋根の補修作業を行いました。

ご存じのように、雨漏りの状態が続くと
建物全体の耐久性が急速に低下してしまうため、
出来るだけ早い対策が求められていました。

 

本来であれば、築年数が100年以上となるため
屋根全体を葺き替えるなどの対策が
抜本的な解決方法なのかもしれません。

しかしながら、予算の関係上
そういったことは現実的でないため、
今回は社殿一部をそれぞれ補修・再塗装することにより
何とか雨漏りを防ぐという対策をとりました。

 

作業期間中、雨が降ったりなどで作業できない
日程もありましたが、ほぼ予定通りに進捗し
2週間ほどの工期で無事終了となりました。

携わった職人の皆さま、ありがとうございました。

 

神域である社殿内での雨漏り発生により
大変申し訳なく思っておりましたが、
これで安心して参詣者の方々を受け入れることができ、
神明奉仕に務めることができます。

 

 

 









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com