諫早市産のお米は最高評価

本日は霧雨が降り注ぐしっとりした一日となっており、
週末までは暫くぐずついた天気が続くようです。 

 
さて、日本穀物検定協会が毎年発表している
平成21年産米の食味ランキング」で、
諫早市産のお米「にこまる」が最高評価「特A」を獲得したそうです。 

 

 

 

米の食味ランキングは、炊飯した白飯を
実際に試食して評価する食味官能試験に基づき、
昭和46年産米から毎年全国規模で実施されているものです。

今回獲得した「特A」は
新潟のコシヒカリなどと並ぶ最高評価で長崎県産米では初めてです。

「にこまる」は、もちもちとした食感で、
ふっくらと炊きあがるお米で
長崎県のように気温が高い産地でも品質の低下が少なく、
温暖化に強い品種とされています。 

 
諫早神社(四面宮)の鎮座する諫早市は
平野を中心とする県内最大の穀倉地帯で、
主にヒノヒカリを生産しています。 

ただ、1つの品種だけを作っていると、
温暖化や台風などの天災で1度に大きな被害を受けるなど
の問題があり、収穫時期が異なる2つ目の品種として
長崎の気候や条件に適した「にこまる」が選ばれ、
生産が始まっていきました。

 
歴史的に見ても、私たち日本人にとって
また日本の文化にとって、そしてもちろん神社にとっても
お米(稲作)はとても大切な穀物です。

最近は、食糧自給率の向上などの観点から
米飯に限らず、米粉パンや米粉麺などお米を加工して
食べることができるようになってきています。

日本の食料自給率アップのための国民運動
FOOD ACTION NIPPON」の中にも
「米粉倶楽部」という企画が立ち上がっています。

いろんなカタチで、毎日の生活の中で
改めてお米を楽しんでみてはいかがでしょうか。

「米粉倶楽部」についてはこちらをご参照下さい。

いま一度、お米について新たな視点で
再認識する時がきているのかもしれません。









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com