「歌会始の儀」 今年のお題は「光」

前々回のブログで
和歌のことについて少々触れましたが、
本日1月14日、新春恒例の「歌会始の儀」が
皇居・宮殿「松の間」で開かれています。 

今年のお題は「光」。 

天皇、皇后両陛下をはじめ皇族方の歌のほか、
一般応募2万3346首から選ばれた入選者10人と
選者たちの歌が朗詠されたそうです。

歌を披露する召人(めしうど)は、天皇陛下に特別に招かれた
歌人の武川忠一さん(90)が務められました。  

この「歌会始の儀」は、毎年の始めに
皇族・貴族が集い和歌(短歌)を披露しあうものです。

こうして人々が集まって共通の題で歌を詠み披露しあう会は
奈良時代には既に行われていたという記録があるそうです。 

 

現在は、皇族のみならず国民広くから和歌を募集し
お披露目されていて
テレビ(NHK)などでも生中継されていますので
ご覧になった方もいらっしゃるでしょうか。

このような「歌会」は
言葉の美しさや心情の様相、時の情趣などが感じられて
素敵で雅やかな伝統行事ですね。 

 
ちなみに、来年のお題も既に発表され
来年のお題は「葉」です。

宮内庁で応募を受け付けており、
締め切りは今年の9月30日(消印有効)になります。

ご関心ある方は応募してみてはいかがでしょうか。  

詳細な応募要領は
宮内庁ホームページをご参照下さい。









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com