「皇居勤労奉仕団の旅」ご案内

長崎県神社庁では、天皇陛下御即位十年奉祝記念として
神社庁皇居勤労奉仕団をスタートし、これまでに12回、
約350名が参加し実施しております。

皇居勤労奉仕とは、昭和20年5月に空襲で焼失した
宮殿の焼け跡を整理するため、
有志が勤労奉仕を申し出たことで始まり
それ以降、奉仕を希望する全国の多くの方々により行われているものです。

現在の皇居勤労奉仕は、連続する平日の4日間、
皇居と赤坂御用地で除草,清掃,庭園作業などを行います。 

  

長崎県神社庁では、
本年も第13回目の奉仕団実施を予定しており
現在、参加される方々を募集しております。

この皇居勤労奉仕は個人による宮内庁申込みができませんので
1団体として宮内庁へ申請する必要があります。
(長崎県神社庁の奉仕団として申請) 

ご関心あられる方は、
是非この機会に参加されてみてはいかがでしょうか。

なお、団体名簿を半年前までに宮内庁へ届け出る
定めとなっておりますので(実施1ヶ月前まで変更可)、
日程・申込締切日は下記の通りとなっております。

 ●第13回 長崎県神社庁皇居勤労奉仕団

   実施日:平成22年9月上旬(5泊6日)
   募集人員:45名
   申込締切:3月25日(宮内庁許可申請のため)
   参加費:138,000円

詳しくは、長崎県神社庁ホームページ(お知らせ欄)をご覧下さい。
諫早神社の社頭にもチラシを置いております。









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com