田祈祷が終わり、梅雨明け

 

今日の諫早地方は朝から真夏を思わせる
青空が広がっており、気温もぐんぐん上昇しています。

午前中に地鎮祭をご奉仕した際には、
めまいがするほどの暑さでした。

 

さて、一昨日昨日が田祈祷祭のピークとなり
先週末とあわせると
計11社で田祈祷祭をご奉仕させていただきました。

 

田祈祷祭とは、
諫早地方に伝わる大切な伝統祭事で
毎年、田植えが終わった頃のこの時期に行い、
田植えが無事にできた感謝と、秋の収穫時期には
よい稲穂ができますようにと五穀豊穣を祈願をするものです。

神社によっては
伝統芸能である浮立(ふりゅう)の奉納なども行われます。

 

毎年7月の上旬に各兼務神社で行われるのですが、
どの地域も田植えが終わるのはほぼ同時期なので
希望される日時が重なってしまうため、
必ずしも希望の時間にできないのが
悩ましいところでもあります。

 

 

その田祈祷祭が無事に終わって、
とたんに今日は梅雨明けが発表されました。

7月6日の関東甲信の梅雨明け発表に続き、
今日は九州から東海地方までが梅雨明けとなりました。

長崎県を含む九州北部地方は、平年と比べて
11日も早い梅雨明けだそうです。

 

長期予報によると、
今年の夏は平年よりも暑くなると言われており
これからは本格的な暑さ対策が必要になってきます。

さっそく今日も高温注意報が出ており、
熱中症への対応をはじめ
体調管理には皆さま十分に注意されて下さい。

 

 

 

 









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com