通り名でえべっさんを探せ!

諫早市中地区町内会連合会などでつくる
「えべっさん実行委員会」では、
諫早に点在する「えべっさん(恵比寿像)」を歩きながら探し、
諫早のまちを再発見・再認識するイベント
「通り名でえべっさんを探せ!」の開催を予定しております。

諫早には、これまでの歴史と関連し
多くの恵比寿像があるそうです。

■通り名でえべっさんを探せ!
 ~ウォークラリーイベント参加者募集~

 とき:平成22年2月28日(日) 12:30~ ※雨天中止
 集合場所:諫早アエル前ポケットパーク
 申込み期限:2月22日(月)必着 先着30名
 参加費:無料

 詳しくは、
 国交省・長崎河川国道事務所ホームページの新着情報をご覧ください。

 

恵比寿様は、
幸福をもたらす七福神として知られており
特に西日本では、
「えべっさん」と親しみを込めてよばれています。

大きな鯛を抱えて釣竿を持っている姿の恵比寿像は有名で
全国各地にありますので
ご覧になったこともあるのではないでしょうか。

古来より、全国津々浦々で
海岸に流れ着いた漂着物や魚網にかかった石などを
エビス様の御神体として祀る風習などがあったようで、
もともとエビス様は海の向こうからやってくる神様として、
豊漁や海上安全などをもたらす神様として信仰されていました。

鎌倉時代の頃からは、福の神としてのご神徳が歓迎されて
各地の市場などに祀られるようになり
室町時代以降は、商業都市を中心に商売繁盛の神様として
多くの人々から盛んに信仰されています。

なお、東京の神田明神などでは
諫早神社のご祭神でもある少彦名命と恵比寿様が
習合(同一神と)されており、
商売繁盛、医薬健康、開運招福の神様として、
また、温泉を伝えた神様として知られております。









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com