和食を世界遺産登録へ

 

今日の諫早地方は終日曇り空が広がる一日でした。

明日も降水確率は低いものの晴れ間は期待できないようです。

 

さて、現在日本政府においては「和食」を
ユネスコの世界無形文化遺産に登録をしようとしています。

この提案の理由としては、和食が

・日本の国土に根ざした多様な食材が新鮮なまま使用されている

・コメを中心とした栄養バランスに優れた食事構成となっている

・食事の場において「自然の美しさ」「季節の移ろい」が表現されている

・正月や田植え、収穫祭のような年中行事と密接に関連している

といった特徴を持つ素晴らしい食文化があり、
世界的に見ても諸外国から高い評価を受けているためです。

 

つまり、食事という空間の中で
「自然の尊重」という精神を表現している「社会的慣習」 として
「和食」を世界無形文化遺産にしようと提案するものです。

 

ちなみに、世界においては
食に関する世界遺産はすでに存在しており、
フランス美食術、地中海料理、メキシコ伝統料理、
トルコ伝統料理が近年登録されています。

 

提案理由にもあるように、
日本の慣習や伝統文化あるいは神社の様々な行事と食には
密接なつながり・相互の関係性があります。

「和食」が世界遺産となれば
私たち日本人においても日常の何気ない食事について
見直したり改めて認知する機会になると思いますので、
早期の登録が期待されるところです。

 

なお、今月中には最終的な提案がユネスコに対して行われ、
仮に最短のスケジュールで審査がすすめば
平成25年末にも登録される可能性があるようです。

 

 

 

 

 

 









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com