昨日の二十四節気「雨水」

 

今日の諫早地方は日中は晴れていましたが
朝夕は引き続きと厳しい寒さを感じる一日となりました。

明日は午後から雨の確立が高いようです。

 

さて、昨日のブログで
昨日が二十四節気の「雨水」であることを紹介しましたが、
そもそもどのような意味があるのでしょうか。

「雨水(うすい)」は、
空から降るものが雪から雨に変わる頃とされ、
山間部などでは積もった雪が解け始める頃、
あるいは寒さに耐えた草木が芽を出す時期ともされています。

また、地域によっては 春一番が吹き、
鶯の鳴き声が聞こえ始めたり、
農耕の準備を始める目安ともされているようです。

 

しかしながら、今年の「雨水」は
全国的に冬型の天気が強く厳しい寒さに見舞われました。
特に北の方では記録的な大雪が降っているところもあるようです。

この先もしばらく平年より気温が低い日が続く見込みのようです。

もう少しの間は
万全な寒さ対策を心掛けなければなりません。

 

 

 

 









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com