インスタ投稿

インスタ投稿

【 世界に一つだけの 】今度の11月23日祝日「勤労感謝の日」に行われる諫早神社の収穫感謝祭「くすのき まるしぇ」出店と舞台奉納行事がごさいまして、順次ご紹介をしてまいります。第二弾は、出店の「和ろうそく絵付け体験」..◆和と洋風がないのに炎がゆらゆらとゆらめく「和ろうそく」もともと日本で作られていた和ろうそくは明治時代以降に、石油から採れる原材料の洋ローソクが一般的となったため今では、あまり見ることが無くなりました。和ろうそく最大の特徴は炎が独特の「ゆらめき」を見せること。そして石油系ろうそくに比べてニオイが少ないのも特徴です。..◆島原半島と和ろうそく和ろうそくの原料は櫨(ハゼ)の木から採れます。今から200年以上も前江戸時代に、雲仙普賢岳は大噴火がありました。その大噴火で被害を受けた島原藩が火山灰に強いハゼの木を植えてハゼから採れる蝋(ろう)で噴火被害からの復興を図ろうとしました。そこから、島原では和ろうそくの生産が盛んになっていきます。その後、洋ろうそくの普及などにより需要の減少が続き今では島原で一件を残すのみ。しかし、そこでは日本で唯一の製法で化学薬品を一切使わずにハゼの実を絞っています。この製法は、ろう作りで残ったかすを堆肥などに使うことができるため自然に還ったその堆肥が再びハゼの木を育てるという循環型システムを生み出すことにもつながっています。..◆エネルギーと想いを込める雲仙の大地のパワーが宿る諫早神社の「雲仙塚」のそばでハゼからつくられた最高級の和ろうそくに絵付けをして世界に一つだけの和ろうそくをつくってみませんか。優しく揺らぐ和の灯りは自然のものからしか出せない炎です。 和ろうそくにアクリル絵の具で絵付けを楽しみます。季節のお花や、好きなもの大切な方への想いをカタチにして描いてみませんか。体験時間は30分ほどの想定です。こちらのご出店は島原半島観光連盟さん@shimakanren..「和ろうそくの絵付け体験」を通して島原半島・雲仙の大いなる大地のエネルギーのご加護を感じていただけますと幸いです。..#諫早神社 #神社 #神社仏閣 #神社仏閣巡り #長崎県 #諫早 #諫早市 #長崎 #雲仙 #島原 #南島原 #時津 #長与 #大村 #九州 #神社が好きな人と繋がりたい #神社巡り #神社仏閣好きな人と繋がりたい #長崎マルシェ #神社めぐり #諫早イベント #神社が好き #パワースポット #長崎イベント #和ろうそく #神社好きな人と繋がりたい #神社好き #日本文化 #japanculture #japaneseculture









WP2Social Auto Publish Powered By : XYZScripts.com